イベント回想「一発必中」より
命さんはもどかしげに腰をくねらせた。ペニスはゆっくりとした動きで、彼女の入り口を擦り立てている。

【命】「あんっ、もっと……もっと激しく動いて……そんなにゆっくりされたら、おかしくなっちゃう……」

 彼女は切なげに身悶えた。切なげに眉をひそめて、じっとぼくを見つめている。

【誠一郎】「命さんからおねだりしてくれるの、うれしいな」
【命】「もう、誠一郎のいじわる……」
【誠一郎】「ごめん。そんなつもりじゃなかったんだけど」

 ぼくはゆっくり腰を引くと、一気に彼女の奥へとペニスを押し込んだ。

【命】「――くあぁぁぁっ!! んっ、お、奥にあたって――っふぅぅっ!!」

 亀頭がすぐさま子宮へとぶち当たる。
 ふたたび腰を引き、子宮口へと何度もペニスの切っ先を叩きつける。

【命】「ふぅぅっ、んっ、こ、こんな……あふっ、ふぐぅぅっっ!!」

 彼女は腰の動きにあわせ、激しい喘ぎ声をもらした。
 身体全体が小刻みに振動し、全身で一定のリズムを刻んでいる。

ブラウザで閉じてください。